スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴッドマザー


父に浮気されても、
父がその人を選んでも、
一人で3人の子どもを育てることになっても、
みんなが不登校になっても
朝から晩まで働いて、
どこまでも優しくてどんなこともしてくれる、
そんな母を小さい頃から尊敬というか、驚きの目で見ていました。
ほとんど私に辛い様子も見せず、笑顔で18年も過ごすということは私には想像のつかない偉業です。


小さい頃に肉親もなくし、弟も行方不明後薬物に侵されていたと聞きます。



そんなことを平然と言える母を見ていると、父に去られて新しい家庭が合わなかったくらいでずっとへそ曲げてる自分が未熟だと感じます。


私はすごさを知りながらも、自分のその不機嫌から親には甘えてきました。

召使扱いをしていたころもあります。
今でも親は子供を産んだ責任を持つべきだという思いがあります。

小さなころから、周りの人にお母さんを支えなさいと言われ続けました。
葛藤の中で、私はそんなこと微塵もしませんでした。


でも、

もっともっともっと、

幸せにならなければいけないのは母だということをわかっています。


もっともっともっと、

好きな人と幸せに過ごしてほしい。


もしかしたら今、父が映画を観れるくらい身体的にも精神的にも回復していると聞いたので、


やっと好きな人とまったり時を過ごしているのかもしれません。

しかし経済は相変わらず大変なはずです。


あたしがこんな食費が14円なんて言っていないで、母に仕送りを送れたら、理想だなと思います。


今日暮れの心配をしてくれた母が、3万円送ってくれたみたいです。

すがるしかない自分が、ある日の周りの大人の期待を果たせない
母をまだ自由にしてあげられない。

はやく、人並みに稼ぎたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。